直鞍地区障がい者基幹相談支援センター かのん

ヘッダー電話

グループホーム さち

印刷用PDFファイル

印刷用PDFファイル

事業名

共同生活援助

所属市町村

鞍手町

施設名
運営主体

グループホームさち

設置年月日

令和1年 9月

電話番号

0949-42-3088

FAX番号

0949-42-3088

メールアドレス

yasuomisakane1928@ab.auone-net.jp

ホームページURL
担当者名

阪根 泰臣

定員

5名

食事の有無

入浴の有無

特殊浴の有無

送迎の有無

送迎の範囲
運営日(運営時間)
利用者負担

家賃 23,000円~25,000円 食費 21,000円(朝・夕食 ※昼食は別途受付)光熱水費 7,000円、消耗品費 4,000円

賃金・工賃

体験利用の有無・費用

有(空き部屋のあるとき)1日3,000円相談可  朝・夜食事付

短期入所の有無・費用

施設所在地・アクセス

〒807-1303  鞍手郡鞍手町大字木月1606-10

西鉄バス停 中山西区より徒歩2分
すまいるバス停 中山西区より徒歩2分
JR鞍手駅より徒歩25分

地図
利用者の状況・内訳等

39歳から48歳までの知的障がい者、精神障がい者男性3名が入所。近隣自治体から入所されています。
当施設は外部サービス利用型で、皆さん昼間は就労継続支援B型を利用しています。
自ら茶碗洗いやお風呂の掃除など自立へ向けた生活訓練に取り組まれている利用者もおられます。
また、洗濯物の取り得れや収納、部屋の片づけなども手伝われています。
新しく入居された方に対しても、電化製品の操作の仕方など易しく教えていただいています。
お互いが家族のように助け合う雰囲気のあるグループホームです。 

施設の特色、スケジュール、活動内容等

・一年をとおして365日食事を提供します。                                     
毎日食事を提供します。昼食を希望される方は別途申込できます。           
・健康は食事から
国産の食材を多く使い、バランスのとれたメニューを考え、利用者の健康を第一に考えています。                                                        ・入居者どうしの交流                                               
ホームは家庭のように思っています。入居者どうしがお互いに助け合って生活できるようにサポートします。
・病院に同行(有料)  ※協力医療機関・・・地方独立行政法人 くらて病院     
希望される方に対して、管理者が病院に同行し、医師や看護師からの情報を把握し治療がより有効になるようサポートします。  
・地域にかかわります                                              
障がい者のグループホームは地域の中へ入ることが必要です。身近な振る舞いが近隣の理解を得ることとなります。そのため隣組に加入し、地域の空き缶拾いや公民館の清掃活動に積極的に参加しています。
・入居者とコミニュケーションを強め、抱えている課題などを共有し、生活をサポートできるように努めます入居者はさまざまな課題を抱えて生活をしており、相談相手となりサポートします。  
・静かな居住区で交通も便利
鞍手町の民家を利用した障がい者のグループホームです。のどかな田舎風景を満喫でき、大変景色のよいところです。また、交通の便も良く、福北ゆたか線鞍手駅、徒歩2分のバス停より遠賀川方面・JR遠賀川駅へ、博多方面や小倉方面にも便利です。当施設は、比較的障がいの程度の軽い方が入居されており、日中は事業所などに通われ、充実した生活を送られています。生活面では、少し支援の手を入れることで健常者と同じくらいの生活の質を確保できます。入居者が希望をもって生活できるようスタッフがサポートします。

備考

・駐車場 3台可
・世話人 2名
・週に1回程度、近くのスーパーへ買い物に出かけます。
・受託居宅介護サービス:合同会社あっと

写真コーナー

 

 

関連機関